25zineは、25歳から先の人生について考えるインタビューマガジンです。

「別にアメリカでMBAを取って、海外の企業でばりばり働きたいわけじゃない。そういう人生に憧れる気持ちがないと言ったら嘘になるけれど、自分はエリートになれないし、今からじゃ遅いと思う。
 仕事をはじめて何年か経って、時々思うのは。この繰り返しの毎日を、私はこれからずっと続けていくんだろうか?つまらないわけじゃない。楽しいこともある。でもなんか違う気がして、もっと他の生き方もあるんじゃないかと考えるけれど、だからといってやりたいことがあるわけでもないから、またいつもの毎日に戻る。そういうものなのかもしれない。世の中甘くないし。好きなことやって生きていけるほど、私に才能があるわけではないから。だけど本当にこのままでいいのかなって、不安で。」

こんなことを、最近よく相談されるようになりました。悩んでいる人が多いなぁと思います。そしてその悩みが、みんなよく似ているのです。25歳はそういう時期なのかもしれないし、そういう時代なのかもしれません。

25zineは、そんな悩める25歳の人たちに向けて書かれたインタビューマガジンです。ちょっと年上の先輩たちに、25歳の頃どんなことを考えて、今どんな風に生きているかを聞いてみたい。たぶん、みんな同じようなことを考えて、30代になったと思うから。そんなことを考えながら、25zineはスタートしました。

誰かの人生の話を聞いたって、私たちの人生が変わるわけじゃないけれど、それでもこれからを考える、どうかヒントになりますように。

25zine 濱田真里 増田祐加

25zine編集部

まりのプロフィール写真

濱田真里FacebookTwitter

1987年生まれの25歳。なでしこVoice代表。学生時代に休学をしてボランティアをしながら22カ国を旅する。その後の就職活動中に「海外の就職情報が欲しい!」と思い、世界で働く日本人女性のインタビューサイト「なでしこVoice」を立ち上げる。卒業後は通信事業会社で法人営業をし、退社。今は編集事務所で編集技術を磨きながら、一般社団法人re:terraでアジア×女性の新規事業を立ち上げ中。

ゆかのプロフィール写真

増田祐加FacebookTwitter

1988年生まれの24歳。就活することにどうしても納得できず、やりたいこともないのにさっさとやらないことを決意。その後、色々あって就職するもメンタルが弱過ぎて逃げ出す。どうしようもなくなったので「そうだ、留学しよう。」と卒業後ロンドンへ。帰国後、デジハリ通ってwebデザイン勉強して、今はベンチャーで何でも屋をやっているところ。